読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじさんの日記

衣食住を楽しみたい。

セルフバースデープレゼント

先日三十路になったので、自分にプレゼントをしました!
節目なので今後にも役立ちそうなイイモノを…
と散々悩んだ結果、


ファッションカウンセリングをお願いしました♡





昔から好きなものが多過ぎて
好きな服やアクセサリーだけを買っていたらタンスのなかがゴチャゴチャで
毎朝服を選ぶのが大変で。

好きなものがあり過ぎるから、自分が一番好きなものがよくわからない。
「好きなもの」はあるから「自分」はあるのかなという気がするようなしないようなで
本当は軸みたいなのがよくわからない。

好きな人が出来るとその人にモテたいので、
恋愛をすると余計にわからなくなる…。



「自分」って、なんだっけ?

細木数子 「幸せってなんだっけ?」風)





そんな訳で「やってもらいたい!」とネットサーフィンをしたりしなかったりでした。
初めは「ファッションカウンセリング」で検索して一番上に出てきたところにするつもりだったのですが、かなりガチでやってくれるところでお値段も本格的。

いやいや、こちらも本気ですから払いますよ? 払いますよ?

そりゃ、30年生きてきて身についたものですもの。
一回のカウンセリングでは改善し切れないですよね!

は、払いますよ? は、はらいm…(泣)


と、やや心折れていました。


「えー、なんか他にいいものないかなー?」
「普通に服買うかねー?」
「いや、でも自分に迷っている時に服買っても。。。」


なんてモヤモヤしていました。




そ ん な 折 に !




たまたま某フリマアプリの姉妹アプリが地元で「譲ります」とか「助けます」などを募集したり投稿したりするというもので
そちらをふんふーん♪とテキトーに眺めていたら見つけちゃいました!


ファッションカウンセリングううううう!!!!!!!


しかも開業前でお値段激安。
「いいんですか?」みたいな感じだけどこの値段なら安心して払えるし、
プロフィールやメッセージのやりとりで信頼できると判断。

思い切ってお願いしてみました☆







そして昨日打ち合わせに行って参りました~~~~~~!!

コーディネーターさんは綺麗なお姉さん!
わたしより2,3歳上くらいかしら?
と思ったらわたし+7歳でした!((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃見エナイ!!!!!!!!!!!

流石、美容の世界に居た人間は違うぜ…。

綺麗だけど可愛くて素敵なお姉さんです♡




打ち合わせは事前に送っていたわたしのクローゼット(というかタンス)やよく着る服、着るのに迷う服、鞄、靴、アクセサリー etc.の写真を見て色々分析してもら…う前に写真を見て一言!!!!




「まずはクローゼットから改善していきましょう!」




と、まさかのアドバイス!((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃




ファッションの基本はクローゼットにあるそうです…!
汚部屋に住んでいるわたしには衝撃の事実でした!(ガクブル


今はクローゼットアプリもあることなども知る。マジか。




クローゼットや収納の改善案をいただいてから
手持ちの服へのアドバイスなどなど。

トップス、ボトムス、バッグ、靴、アクセサリー…

「見事にバラバラですね(笑)」と言われる☆(テヘペロ




もう、わたしは恥を捨てていたので話をたくさん聞いて、主張したいことはして。


「これを着たいなら合わせるのは~~なものと、○○なもの」というようなアドバイスはもちろん、
買い物の仕方、収納の作り方、おすすめアプリ・動画、似合う髪型の提案 etc...


なんかもういたれりつくせりというか、おかまバーに行っておネェにアドバイスもらっているような気持ちになった。行ったことないくせに。

ガンガン押してもらいましたよ!





たくさんたくさんお話して、課題もたくさん出してもらった!

タンスに仕切りを作って好きな服とシンプルでもなんにでも合わせられるもの・綺麗系でおでかけに使えるものと分けること
相談して出た結果のテイストでしたい髪型を決めること
コテを買う or 家にあるかもなので見つけること
好きなものをもっと知ってもらうために写真を送ったり、スクラップブックをつくること
少しでもいいから美容や健康に投資すること
Dr.Martens貯金をすること etc...





バラバラはバラバラだったけど、昔のわたしの方が自分に忠実だったなと深く思った。

今、自分はなにをそんなに気にしてしまっているのだろう。

世間の目? 年齢? モテ?



コーディネーターのお姉さんとたくさんお話をしていたら
「ああ、本当はわたしこれ好きだった」 とか
「好きなものを"好き"って言わせてくれている」 とか
それでいて年齢に見合うようなスタイリングを提案してくれたりとか…

ただただ楽しい時間を過ごしたように思ったけど、
今振り返るとなんだか涙が出そうだ(´;ω;`)




元彼にこういう服が好きだから○○で服を買えだとか
誰々が可愛いからそういう髪型にしたら?とか言われて反抗しても
結局どこかで流されて。


それはそれでもしかしたら似合っていたのかもしれないし、

気に入っているものももちろんあるんだけれど、
「あの頃、苦しかったなぁ」って、思い出した今もう泣いている。
一番自分を見失った時期だったんじゃないかな。

会ったとたん服のダメ出しとかキツかった。




てか、今思えばそれって「デートDV」じゃね? 次やったら訴えるよ?(殺意)




今の彼氏さんは彼氏さんの中での「可愛い」はあるようだけど
押し付けたりとかそういうのは皆無な人なので(むしろわたしが一言言いたい時もあるw)
自分の好きなものを美しく身に纏えていけたらいいな。

彼氏さんはなにも言わないかもだけどわたしが「こうしたい」と言ったあとの反応にわたし自身が流されてしまいそうなので(流されやすいタイプ)、
今回のカウンセリングのことは一切話していません!!!!!!!




わたしのことが好きならどんなわたしでも好きでいろ!


でなければ立ち去れ!!!!!!!!

 

 

 

 

f:id:hitsuji_maa:20160824130637j:plain

 

 

 

カウンセリングはお互いの中間地点の喫茶店で行いました!

ふわとろパンケーキが美味しいお店で、スプーンで食べるんです!

しかも安い!

 

ごはんも美味しそうだったし、また来たいな~~~

 

心もお腹も満たされて返ってきました。

 

 

さあ! 次会うまでに課題をこなさないとね!